• トップページ
  • ドクター&スタッフ紹介
  • こだわりの診療方針
  • アクセス
  • 医院のご案内

審美治療・ホワイトニング

審美治療で美しい口元を

イメージ画像審美治療は、見た目を重視した治療と思われがちですが、実はそれだけではありません。見た目がきれいでも噛み合わせが悪ければ、歯みがきがしづらくなり虫歯や歯周病になりやすくなったり、うまく咀嚼(そしゃく)できずに消化器系に負担をかけてしまったり、ということに……。見た目だけでなく、噛み合わせも正常であることが重要。見た目を自然に、かつ正しい噛み合わせに整えるのが、審美治療なのです。

長谷川歯科医院では、見た目だけでなく機能性も重視し、セラミックを用いたメタルフリー治療(審美治療)を行っています。

メタルフリー治療で自然で健康なお口を

審美治療に用いる素材はさまざまですが、ほとんどのケースでメタルフリー(金属を用いない)素材である「セラミック」が用いられています。セラミックは天然歯と同様の自然な白さを持ち、強度にも優れているというのが特長です。そのほか、

  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯ぐきが黒ずむ心配がない(金属を含んでいる場合、金属イオンが溶け出すことにより歯ぐきが黒ずむことがある)
  • 歯ぐきが退縮しても歯と歯ぐきの間が黒ずんで見える心配がない
  • 自然な見た目を再現できる
  • 耐久性に優れている
  • 経年劣化が少ない
  • 歯垢などがつきにくい(結果として虫歯や歯周病になりにくい)

などのメリットがあります。当院ではこれらのメリットを考慮し、主にセラミックを用いたメタルフリー治療(審美治療)を行っています。

長谷川歯科医院の取り扱い自費審美(補綴)素材

セラミックを用いた素材にもさまざまなものがあり、特長もそれぞれ異なります。当院では以下のような審美素材を用いています。

  オールセラミック ハイブリッド
セラミック
ジルコニア メタルボンド
概要 100%セラミック使用。詰め物・被せ物に用いられます。 セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた素材。詰め物・被せ物に用いられます。 被せ物に用いられます。 金属のフレームにセラミックを焼き付けた素材。被せ物に用いられます。
メリット
  • 天然歯と同様の色調を持っているため自然で透明感のある見た目が実現
  • 硬度に優れている
  • ほとんど変色しない
  • 歯垢がつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 天然歯と同等の硬度で、噛み合う歯を傷めない
  • 摩耗した際の修復が容易
  • オールセラミック、メタルボンドより安価
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 天然歯同様、自然で透明感のある見た目が実現
  • オールセラミックより高硬度
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯垢がつきにくい
  • 天然歯に近い見た目を再現
  • ほとんど変色しない
  • 摩耗に強く耐久性が高いため、奥歯に適している
  • 歯垢がつきにくい
長谷川歯科医院のその他の審美治療
  ラミネートベニア ファイバーコア
概要 歯の表面をごく薄く削り、セラミック製の薄い板を貼り付ける治療法 グラスファイバーでできた被せ物を装着するための土台(コア)です。
メリット
  • 歯の色を自由に変えることができる
  • 摩耗や変色の心配がない
  • セラミックの被せ物に比べて歯を削る量が少なく済む
  • 弾性があるので、歯が割れる可能性が低い
  • 白いため、審美的
  • 再治療が必要になったときの除去が比較的容易
  • 再治療が必要になったときの除去が比較的容易
デメリット
  • 歯をごく薄くではあるが削る必要がある
  • 適用できないケースがある(虫歯など)
  • 歯の形を大きく変えることはできない
  • 適用できないケースがある
  • 比較的新しい技術のため、予後の経過に不安が残る

ページの先頭へ戻る

美しさに磨きをかける審美歯科処置

歯のトリートメント

イメージ画像

歯科衛生士が専用の器具を用いて、ハイドロキシアパタイト成分が配合された専用のペーストを歯の表面に塗り込んでいく処置です。ハイドロキシアパタイトとは、歯の表面のエナメル質にも含まれている、歯にとって重要な成分です。
処置後はステイン(歯の汚れ)がつきにくくなり、清潔感のある口元を演出できます。また、硬い歯ブラシや研磨剤入りの歯みがき粉などで歯にできてしまった細かいキズを埋めることができ、歯の健康を取り戻すことができるのはもちろん、歯垢が付着しにくくなるため虫歯や歯周病も予防できます。
なお、PMTC後に行うと効果的です。>>PMTCについて

歯肉マッサージ

イメージ画像適度な圧力で上下の歯肉をマッサージすることで血行を促進し、歯ぐき全体の代謝をアップさせます。また、歯肉全体に栄養が行き渡るようになるため、歯周病菌に対する抵抗力増加といった効果も期待できます。歯肉に炎症のある方や喫煙されている方(※)に特におすすめです。なお、口の奥まで指を入れると嘔吐反応が出る、という方は、様子を見ながら行いますのでご安心ください。

※喫煙されている方は、歯肉の血行が悪くなり歯肉が弱ってしまうため、歯周病になりやすいうえに、歯周病が進行しやすくなります。

審美治療では、欠けてしまった歯や神経を抜いて黒ずんでしまった歯、また、虫歯治療などで入れた金属をセラミックと入れ替えることで自然な見た目へと修復できます。歯の見た目にお悩みの方は、お気軽に長谷川歯科医院へご相談ください。

ページの先頭へ戻る

お手軽に歯を白くするならホワイトニング

歯の黄ばみが気になる……

イメージ画像歯はコーヒーや紅茶、赤ワインなど色の濃い嗜好品などによって着色します。このような着色は、通常の歯みがきではなかなか落とせません。また、加齢や遺伝などが変色の原因になることも……。そんな歯の漂白におすすめなのが、ホワイトニングです。

ホワイトニングとは、歯を削らずに専用の薬剤を使って歯を白くする方法です。歯を削らないため、歯の寿命を縮めることがなく、痛みもほとんどありません。

長谷川歯科医院のホワイトニング

当院では、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」を行っています。

オフィスホワイトニング

歯科医院にて専用の薬剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を当てて歯を白くします。1回の施術で効果を実感できるのが特長です。また、歯科医師が施術を行うので、簡単かつ安心です。

ホームホワイトニング

歯科医院で作製した専用のマウスピースに、専用の薬剤を注入し、それを一定時間装着して歯を白くします。効果が出るまでに時間がかかりますが、効果が長続きし、ご自分のペースで行えるというメリットがあります。

レーザーによる歯ぐきの黒ずみ除去

本来、歯ぐきはきれいなピンク色をしていますが、歯と同様に色の濃い嗜好品やたばこのヤニなどによって黒ずんでしまうことがあります。そんな歯ぐきの黒ずみ解消におすすめなのが、ガムブリーチングです。


術前


術後

ガムブリーチングは、レーザーを使用して歯ぐきの色を改善する方法です。麻酔を必要とせず、1回の施術で黒ずみの原因であるメラニンを除去し、歯ぐきの色を健康的なピンク色へと改善します。歯ぐきの色が気になる方は、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

オンライン診療予約|24時間受け付け中!!