• トップページ
  • ドクター&スタッフ紹介
  • こだわりの診療方針
  • アクセス
  • 医院のご案内

インプラント・入れ歯・ブリッジ

歯を失ったときの選択肢

「虫歯で歯を失ってしまった……」「歯周病で歯を失ってしまった……」「事故で歯を失ってしまった……」

このような場合の選択肢として、長谷川歯科医院ではインプラント治療と入れ歯治療、ブリッジ治療をご提案しています。

インプラント治療

イメージ画像インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を被せて歯の本来の機能を回復する治療法です。インプラントは顎の骨にしっかり固定されるため、自分の歯のように咬むことができます。また、人工歯にはセラミックが用いられ、自然な見た目が実現します。これらのメリットから、審美性・機能性ともに優れた治療法といえるでしょう。

高い成功率を誇っています

イメージ画像当院では、17年前からインプラント治療を採用。1本の歯を失った方からすべての歯を失った方まで、多くの方にお受けいただいています。その症例数は500本以上。治療後も安定を保ち、今でも安定してお使いいただけているケースがほとんどです。

メインテナンスの重要性

イメージ画像インプラントを長くお使いいただくには、メインテナンスが欠かせません。インプラントは人工物のため虫歯になることはありませんが、歯周病に似た「インプラント周囲炎」になることがあります。自覚症状に乏しく歯ぐきに炎症が起き、徐々に顎の骨が溶かされることに……。そうなると、インプラントの正常な機能は望めません。また、口腔内全体の健康も損なわれてしまいます。

歯科医院で定期的なメインテナンスを受けて、インプラントを含む口腔内全体を長期的に安定した状態に保ちましょう。当院ではインプラントのメインテナンスはもちろん、天然歯の健康も考慮し、3DSを行っています。

入れ歯治療

イメージ画像入れ歯は、手術など大がかりな治療をともなわずに比較的簡単かつ短期間で歯の機能を取り戻す方法です。とはいえ、入れ歯に対して「目立つ」「外れる」「しっかり咬めない」というマイナスイメージを抱かれている方も多いと思われます……。ですが、ご安心ください。現在では歯科医療の発達により入れ歯の精度が向上し、見た目・咬み心地を考慮した入れ歯(自費の入れ歯)が数多く登場しています。

【保険の入れ歯と自費の入れ歯】

入れ歯は大きく保険の入れ歯と自費の入れ歯に分かれます。保険の入れ歯では、見た目はあまり考慮されず最低限の機能を回復するのみにとどまっていますが、安価なのが特長です。一方、自費の入れ歯は機能性に優れているうえに、見た目も考慮されています。「目立たない」「外れない」「思いきり咬める」を実現しているのです。高額にはなりますが、費用に見合った入れ歯といえるでしょう。

当院では入れ歯作製に力を入れ、丁寧な型どりを行ったうえで保険・自費を問わず患者さんにぴったりの入れ歯をご提供しています。

ページの先頭へ戻る

取り扱い入れ歯
レジン床義歯
イメージ画像保険
歯ぐきにあたる部分がレジン(歯科用プラスチック)でできた入れ歯です。厚みがあるため味覚や温度を感じにくいこともありますが、費用を抑えられます。また、割れたときなどの補修が容易なのも特長です。
金属床義歯
イメージ画像自費
歯ぐきにあたる部分が金属でできた入れ歯です。軽量で装着時に違和感がなく、薄いつくりのために味覚や温度が伝わりやすく、食事を楽しめます。また、汚れにくく衛生的な状態を保てるのも特長です。
ノンクラスプデンチャー
イメージ画像自費
弾力のある素材を用いた、金属のバネ(留め具)がない入れ歯です。見た目に優れ、薄くて軽く、歯ぐきにフィットして違和感がほとんどありません。また、周囲の歯に負担をかけることもありません。

ブリッジ治療

ブリッジ治療とは、歯を失った部分の両隣の歯を削り、それを支えにして複数の連なった人工歯を橋を架けるように被せる治療法です。失った歯の本数が比較的少ない場合に用いられます。使用する素材によっては保険診療となる場合があります。

メリット
  • 見た目が自然
  • 装着時に違和感がない
  • 今まで通り咬める
デメリット
  • 健康な歯を削らなければならない
  • 咬む際の力が両隣の歯にかかる
  • 多くの歯を失った場合、適用できない

当院では、患者様のお口の状態やご要望などをしっかりお伺いしたうえで、最善の治療をご提供しています。歯を失ってお困りの方は、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

横浜市港北区|診療予約|長谷川歯科医院