• トップページ
  • ドクター&スタッフ紹介
  • こだわりの診療方針
  • アクセス
  • 医院のご案内

顎関節症・口腔外科

顎の異変は顎関節症の疑いあり

「顎が開かない」「顎の開閉時にカクカク鳴る」

イメージ画像このような症状がある場合、顎関節症になっている可能性があります。

顎関節症とは、顎の関節や口周りの筋肉などに起きるさまざまな症状の総称です。代表的な症状には、上記のほかに顎の痛みなどもあります。

代表的な原因として考えられているのが、噛み合わせ不良。人は咬むときバランスよく咬もうとしますが、噛み合わせが悪いと無意識に頭を傾けたり不自然な姿勢を取ったりします。そのため、歯や顎の関節に余計な負担がかかり、それが顎関節症を招くことに……。また、不自然な姿勢を取ることが多くなることから全身が歪み、頭痛や肩こり、腰痛など全身にも悪影響があらわれる可能性があるとされています。

そのほかにも、顎関節症の原因として近年の研究で指摘されています。

  • 顎などに負担をかける癖や習慣(「ほおづえ」「うつ伏せ」「猫背」「顎と肩の間に受話器を挟む」など)
  • ブラキシズム(「歯ぎしり」「くいしばり」「歯をカチカチ鳴らす」などの癖)
  • 偏咀嚼(左右どちらか一方ばかりで咬む癖)
  • ストレス
  • など

長谷川歯科医院の顎関節症の治療

イメージ画像当院では顎関節症でお悩みの方に、小さなマウスピースのような装置「スプリント」を用いた治療を行います。スプリントを用いて顎関節の動きを少なくし、顎の筋肉の安静を保ちます。なお、スプリント療法は原因が噛み合わせであると判断された場合に行っています。ご希望の方には鎮痛剤を処方しています。顎関節周りに不具合がありましたら、お早めにご相談ください。

顎関節診断用装置「ARCUS digma」の利用

イメージ画像当院では、顎関節症の治療の際に顎関節診断用装置「ARCUS digma」を使用しています。最新のテクノロジーによって下顎運動をコンピュータ上で再現することで、咬合器の調整値(噛み合わせのずれ)を短時間で正確に計測。データ結果から分析し、精度の高い顎関節症治療に活かします。

お口周り全般の病気は、口腔外科に相談を

口腔外科では、虫歯や歯周病治療の範囲を超え、お口周りのさまざまな疾患を取り扱っています。部位の例としては、唇や舌、顎など。よくある症状としては、痛みや腫れ、できもの、ただれ、ケガなどがあり、顎関節症もこの分野に含まれます。

長谷川歯科医院が取り扱う疾患例

顎関節症

「口を大きく開けにくい」「顎がカクカクする」「顎の開閉で痛みを感じる」などの症状が出る顎関節症に対応しています。

親知らず

途中まで生えていたり、斜めに生えていたりすることが多い親知らず。放っておくと痛みを生じさせたり歯並びを乱したりするおそれがあるため、検査を行い必要があれば抜歯を行います。

インプラント治療

歯を失ったときの補綴治療であるインプラント治療も、口腔外科に含まれます。自然な見た目・咬み心地を取り戻すことができます。

根管治療

重度の虫歯治療です。細菌に冒された神経を除去し、根管内を洗浄・消毒し、薬剤を詰めて最後に被せ物をします。歯を残すための重要な治療です。

当院では、このほかにも舌や顎のケガなどさまざまな疾患に対応していますので、お口周りの病気や異変、ケガなどがありましたら、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

横浜市港北区|診療予約|長谷川歯科医院