• トップページ
  • ドクター&スタッフ紹介
  • こだわりの診療方針
  • アクセス
  • 医院のご案内

虫歯治療・歯周病治療

実はあなどると危険な虫歯

イメージ画像「歯が痛い……」といって思い出される病気が、虫歯です。虫歯は、一度なったら自然治癒することはなく、どんどん進行していきます。初期に自覚症状はなく、そのため痛みが出たときにはある程度進行している状態ということに。激しい痛みに耐えきれずに歯医者へ駆け込んだときには、歯を残せない状態にまで進行してしまっていることも……。そうならないためにも、あらかじめ虫歯の原因や進行段階などについての知識を身に付けておきましょう。

虫歯の原因

虫歯の原因にはさまざまあります。

虫歯菌

お口の中には数億もの細菌が棲みついており、そのなかの「ミュータンス菌」を代表とした虫歯菌が食べカスに含まれる糖分を介して酸を出し、歯を溶かします。これが直接の原因です。

歯質

歯質は一人ひとり異なるもの。歯質が弱いと虫歯菌の出す酸への抵抗力が低く、虫歯になりやすくなります。

糖分

虫歯菌のエサは糖分です。そのため、糖分がお口の中にあることで虫歯菌が繁殖しやすくなり、虫歯リスクを高めます。

ブラッシングの間隔

食事のあとすぐに歯みがきをせずに間をあけてしまうと、糖分を介して虫歯菌が酸を出しはじめます。

虫歯の進行段階

ごく初期の虫歯
イメージ画像症状
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白濁した状態。痛みなどの自覚症状はありません。適切な歯みがきやフッ素塗布(予防処置の一種)で治癒が期待できます。
エナメル質の虫歯
イメージ画像症状
エナメル質が溶けて患部が黒ずみ、舌で触るとザラつきます。まだ自覚症状はありません。患部を削り詰め物をする治療が必要になります。
象牙質の虫歯
イメージ画像症状
エナメル質の内側にある象牙質まで冒された状態です。自覚症状があらわれはじめ、冷たい物や甘い物が歯にしみたり、咬むと痛んだりします。前段階同様、患部を削り詰め物をする治療が必要になります。
神経に達した虫歯
イメージ画像症状
象牙質の内側にある神経まで冒された状態です。歯に大きな穴があき、何もしなくても激痛が走ります。歯の神経を除去し、被せ物をする治療が必要になります。
末期の虫歯
イメージ画像症状
歯冠部が崩れた状態です。神経が壊死してしまっているため痛みは一旦治まりますが、放っておくと膿がたまり再び激しく痛みます。抜歯をして補綴治療(インプラント治療や入れ歯治療)を行う必要があります。

長谷川歯科医院の虫歯治療方針

イメージ画像当院では、「今ある天然歯を最大限に活かし、ダメージを抑えた治療を」という考えを基に、できるだけ削らない・抜かないMI治療を行っています。また、できるだけ痛みを感じさせない治療を行い、どうしても痛みが怖い方に対しては、笑気麻酔器を用いてリラックスした状態で治療を受けていただけるようにしています。治療に不安がある方は、お気軽にお申し付けください。

歯周病について知り賢く早期発見を

イメージ画像歯周病とは、歯垢に棲みつく歯周病菌により歯周組織が破壊される恐ろしい病気です。歯ぐきが炎症を起こし、徐々に歯を支える顎の骨が溶け、放っておくと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は日本人の成人の約8割がなっている、もしくはその予備軍であるといわれている病気。その理由のひとつは初期には痛みなどがないため。自覚症状に乏しいために、歯周病になっていても気付いていない方が多くいるのです。

放っておくとどんどん進行し、歯がグラつき、最終的には歯を失ってしまうこともある歯周病。早期のうちに発見するために、歯周病の進行段階について知っておきましょう。

歯周病の進行段階

歯周病は、大きく「歯肉炎」と「歯周炎」に分かれます。

歯肉炎
イメージ画像症状
歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)に歯垢がたまった状態です。まだ顎の骨に影響はありません。歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシング時に歯ぐきから出血することがあります。
軽度歯肉炎
イメージ画像症状
歯周ポケットの奥深くに歯石(歯垢が硬化した物)がたまります。歯周ポケットがさらに深くなり、顎の骨が溶かされはじめます。また、歯ぐきが退縮し歯が長くなったように見えたり、歯がグラつきはじめたり、口臭がきつくなったりします。
重度歯周炎
イメージ画像症状
顎の骨が著しく溶け、グラつきがひどくなります。歯ぐきから膿が出てくることもあり、放っておくと最終的には歯が抜け落ちます。

歯周病治療で大活躍「位相差顕微鏡」

イメージ画像当院では、歯周病治療の際に細菌の観察に適した光学顕微鏡「位相差顕微鏡」を活用しています。歯周病菌などの細菌を生きたまま観察でき、専用のモニタを通じて患者さんにもご自身の口腔内の様子をご確認いただけます。そうすることで、インフォームドコンセント(説明と同意)が円滑にでき、より精度の高い治療を実現できます。また、治療後の予防にも役立てることができるため、総合的にみて優れた医療器具といえるでしょう。

歯周病治療と予防で活躍「エピオスウォーター(高濃度電解次亜塩素酸水)」

エピオスウォーター(高濃度電解次亜塩素酸水)は、 不純物を限界まで取り除いた純度99.7%の「塩」と「超純水」を電気分解させた水です。
口の中の細菌を除菌消毒して口臭の発生、プラークの形成を抑制し、歯周病や虫歯を予防します。
当院では、このエピオスウォーターを歯周病治療の際や、お口をすすいでいただくなど普段の診療の際にも使用しております。

イメージ画像

また、こちらのエピオスウォーターを医院で販売しておりますので、ご自宅でのケアに最適です。
薬品等は一切使用しておりませんので、安心してお使いいただけます。

イメージ画像

エピオスウォーター(500cc) 2,100円(税込)

超音波とエピオスウォーターで歯石を取りお口を洗浄する施術は15,750円(税込)となります。

歯周病は予防が大切です

イメージ画像歯周病は、最終的には歯を失ってしまうリスクがある恐ろしい病気。そのため、病気になる前の予防が大切です。また、歯周病の原因は歯周病菌の温床である歯垢とはっきりしています。つまり、歯垢除去のために日頃から歯みがきを丁寧に行うなど、予防に努めることが大切なのです。ですが、セルフケアではどうしても限界があるのは事実。定期的に歯医者に通い、予防歯科でプロケアを受けましょう。長谷川歯科医院では、歯周病に効果的な予防処置を行っています。

長谷川歯科医院の予防処置についてくわしくはこちら

横浜市港北区|診療予約|長谷川歯科医院

ページの先頭へ戻る