• トップページ
  • ドクター&スタッフ紹介
  • こだわりの診療方針
  • アクセス
  • 医院のご案内

矯正歯科

噛み合わせ・歯並びを整えて、健康的な毎日を

イメージ画像矯正治療とは、専用の装置を使って歯を本来の正しい位置に移動させ、噛み合わせ・歯並びを整える治療です。噛み合わせ・歯並びが整うとブラッシングがしやすくなり、結果として虫歯や歯周病などのお口の病気を予防しやすくなります。また、一般的に高齢になったときに自身の歯を残せている方は少ない傾向にありますが、口腔内の健康が維持しやすくなるため高齢になっても多くの天然歯を残すことができます。

長谷川歯科医院では、毎月1回、日曜日に矯正専門医による治療を行っています。予約制になっておりますので、お早めにご連絡ください。なお、矯正専門の医師が担当するため、事前に虫歯や歯周病などが見つかった場合は対応しかねますので、その場合は平日にご来院いただき優先して治療を行ったうえで矯正治療をお受けいただきます(※)。あらかじめご了承ください。

乱れた噛み合わせ・歯並びが及ぼす影響

  • ブラッシングしづらくなり、虫歯・歯周病などお口の病気になりやすくなる
  • 口臭が発生しやすくなる
  • 食べ物がうまく咬みきれず、消化器系に負担をかけることがある
  • 発音に支障をきたすことがある
  • 虫歯治療や歯周病治療の精度が低くなる場合がある
  • 顎や顔の歪みや変形の原因になることがある

乱れた噛み合わせ・歯並びを放っておくと、このようにお口だけでなく、全身にまで悪影響が及ぶため、早めの治療が必要です。

以下のような歯並びはありませんか? 鏡を見てチェックしてみましょう。以下のいずれかに該当した場合、上記にあるように全身に悪影響が及ぶおそれが……。早めに当院までご相談ください。

出っ歯
イメージ画像
上の歯列が下の歯列より前に飛び出た状態。また、上の歯が飛び出ている場合もあります。原因の多くは、下顎が小さすぎたり上顎が大きすぎたりするため。見た目に悪影響が出るほか、発音障害や顎関節症の原因となります。また、唇が閉じにくくなります。
受け口
イメージ画像
下の歯列が上の歯列より前に飛び出た状態。また、下の歯が飛び出ている場合もあります。原因の多くは、上顎が小さすぎたり下顎が大きすぎたりするため。見た目に悪影響が出るほか、発音障害や顎関節症の原因となります。
すきっ歯
イメージ画像
歯と歯の間に大きく隙間があいている状態。空気が漏れ、発音に支障をきたすことがあります。また、食べカスが詰まりやすく虫歯や歯周病の原因となります。
八重歯
イメージ画像
歯が歯列から外れて飛び出た状態。重なっている部分の歯みがきがしにくくなり、虫歯や歯周病の原因となります。
開咬(かいこう)
イメージ画像奥歯を噛み合わせたときに、上下の前歯で隙間ができる状態。発音や咀嚼(そしゃく)がしづらくなります。また、奥歯ばかりで咬むことが多くなるため歯や顎に余計な負担がかかり、顎関節症の原因になることもあります。
過蓋咬合(かがいこうごう)
イメージ画像
上の歯列が極端に深く下の歯列に被さった状態。下の歯で上顎の歯ぐきを傷付けたり、顎関節症を引き起こしたりするおそれがあります。

長谷川歯科医院の矯正治療

セラミックブラケット

イメージ画像セラミック製のブラケットを用いた矯正方法です。天然歯と同様の色調のセラミックを用いているため目立ちにくく、装置の見た目を気にしてなかなか治療に踏み出せなかった方におすすめです。メタルブラケットと同等の矯正効果を得られます。

床矯正

イメージ画像主にお子さん向けの矯正方法です(※)。ワイヤーなどで歯の位置を移動させる矯正方法と異なり、顎を正常な大きさ・形に発達させることによりすべての歯が並ぶスペースを確保し、抜歯などのリスクを避け自然に歯列を整えます。
※顎の成長途中で行ったほうが効率的なため。

矯正治療を開始する時期には個人差があり、一概に「早ければいい」というわけではありません。ですが、どの時期に開始するかを決めるためにも、早めのご相談が大切です。噛み合わせ・歯並びが気になる方は、お早めに当院にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

横浜市港北区|診療予約|長谷川歯科医院